せふれっていうと、やっぱり不潔なイメージがあるんです

出会い系サイトを利用して、セフレを募集している人って多いですよね。セフレを募集するために一番手軽な方法が、やっぱり出会い系サイトを利用することだと思うので、セフレとの出会いを希望している人が出会い系サイトを利用しているというのは当然の流れだと思いますが、私にとっては正直、セフレとの出会いを希望している人に出会い系サイトを荒らされるのは迷惑だなあと思ってしまう時があるんです。

荒らされるというとちょっと表現が悪いかもしれませんが、真剣に出会いを求めて出会い系サイトを利用している人にとって、せふれとの出会いを求めてサイトを利用している人の存在というのは、けっこう迷惑なのです。

出会い系サイトを利用している人だったら、出会いのミスマッチという現象についてももちろん知っていると思いますが、やっぱり真剣に出会いを求めている人と、セフレ出会いを希望している人だったら、出会い系サイトを利用している目的が最初から違うわけじゃないですか、でも、出会い系サイトを利用していると、全く違う目的でサイトを利用している人同士が普通に出会っちゃうんですよね。

そしてすぐに、この人と私は出会い系サイトを利用している目的が違うから、このまま関係を深めていっても結局はうまくいかないというふうに関係を切ることができたらいいのですが、残念ながらそれほどうまくいかない場合も多いのです。実際に私自身は、騙されたというわけではないのですが、相手がセフレ狙いの男性であるとは知らないまま、とある男性と出会い系サイトで親交を深めてしまって結局は時間をムダにしてしまったという経験があります。

私は真剣に結婚を前提としたお付き合いができるような男性との出会いを望んでいたのに、残念ながら、相手の男性はそんなふうには考えてなかったんですよね。本当にお互いがどういう出会いを望んでいるのかということを知るのは意外とむつかしいのです。なんとなく聞きづらいというのもありますしね、聞きづらくても、大事なことなので聞かないといけないのですが……。

本当のことがわかってから、私が一度だけ相手に「セフレとの出会いを希望しているなら、どうしてそのことを伝えてくれなかったのか」と聞いたところ、だってセフレとして出会えるんだったら相手は誰でもいいから、みたいなことを言われました。

確かに、セフレを募集している人というのは、とりあえずセックスができる相手だったら誰でもいいというふうに考える傾向があるらしくて、とりあえずセックスしてみて相性が良いようだったら大事なセフレとしてキープしておいて、やってみていまいちだったら関係を切るとか、そういう考え方っが普通に成立してしまうようです。

私にはどうしてもこういう考え方が受け入れられません。すごく不潔な感じがするんです。